エコドライブ推進シンポジウム

 エコドライブ推進シンポジウムに参加してきました。


内容としては、地方自治体での取組みの紹介や、モータージャーナリストの
方々によるハイブリッドカーや、EV(電気自動車)でのエコドライブの講演が
ありました。

地方自治体での取組みでは、石川県、大阪府、静岡県、山形県高畠町での
取組みが事例として発表されました。

中でも印象に残ったのが、山形県高畠町での取組みです。
山形県高畠町の人口は25767人、エコドライブ講習会の受講者がなんと1497名。
これは、私が住んでいる長野県全体(人口2157423人)の受講者数よりも多いです。

また、山形県高畠町では、アイドリングストップ交差点を数箇所に儲け、アイド
リングストップを推進しているようです。
交差点の停止時間、勾配の有無、安全性の確保の面から、全ての交差点を
対象にするわけにはいきませんが、とてもいい取組みだと感じました。

思ったのは、停止時間の長い交差点などでは、工事現場のように停止時間が
カウントダウンされれば、アイドリングストップの目安になっていいんじゃないか
と思いました。

自治体での取組みに関しては、地域によってかなり温度差があるようですね。
全国で山形県高畠町のような取組みが行われれば、エコドライブももっともっと
普及すると感じました。

ハイブリッドカーでのエコドライブに関しては、いろいろとテクニックがありそうです。
こういったテクニックは、やはり知らないよりは知っていたほうがいいですね。
ハイブリッドカーの最大の特徴は、運動エネルギーを回収できる回生ブレーキ。
ブレーキの際に、今まで熱エネルギーとして捨てられていたエネルギーを、
電気エネルギーとして回収し、加速の際に再利用することができます。

欧州の自動車メーカーでは、エコドライブ講習を開催しているメーカーもあります。
日本のメーカーも、ハイブリッドカーのような新技術が普及してきたわけですから、
是非、こういった講習会を開催して欲しいと感じました。



レースを始めたきっかけから、現在までの道のり 4

 昨年の10月から、私の地元宮崎県内で販売されている「月刊情報 タウンみやざき」で"レースを始めたきっかけから、現在までの道のり"というテーマでコラムを連載させていただいております。

コラムの転載許可をいただきましたので、このブログでも過去の記事をご紹介させていただきます。
今回は第4回(2010年1月号分)です。

---------------- 以下、コラムです。------------------
<2010年1月号>

No.3.jpg

高校生になり、今からレーシングカートを始めるのは無理だと判断し、その他の方法を探した結果、レーシングドライバーの中には、少数ですが、カートを経験していないドライバーもいることが分かりました。


元F1ドライバーの片山右京選手は、カートの上のカテゴリーであるFJ1600というフォーミュラレースからそのキャリアをスタートさせて、最高峰のF1まで上り詰めた凄いドライバーです。


No.9.JPG

(※フォーミュラレース…F1に代表されるように、タイヤがむき出しのレース専用車両で行われるレース。FJ1600はフォーミュラレースの登竜門にあたるカテゴリー。)


「これだ!」と思い、FJ1600を始める為にはどうしたら良いのか、いろいろと調べ始めました。ですが、これについて詳しい情報というのは、近所の本屋に行っていろいろ調べても、レース雑誌を読んでも当時はなかなかなくて、唯一の情報源は、アニメにもなった六田登さんの漫画『F』でした(笑)


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、あの赤木軍馬の名ゼリフ


『何人たりとも、俺の前は走らせねぇ!』


の漫画です。


自分で調べても、周囲の人に聞いても、当時はこの程度の情報しかなくて、とても歯がゆい思いをしたのを覚えています。


部活はソフトテニスをやっていましたが、正直、レースのことで頭がいっぱいで、いつも自分の本当に好きなことができない悔しさを味わっていました。



「月刊情報 タウンみやざき」は、県内のアミューズメント情報から暮らしの情報まで幅広く提供するタウンマガジンです。
発行元:鉱脈社
〒 880-8551 宮崎県宮崎市田代町263
TEL : 0985-25-1758(代) FAX : 0985-25-7286


レースを始めたきっかけから、現在までの道のり 3

 昨年の10月から、私の地元宮崎県内で販売されている「月刊情報 タウンみやざき」で"レースを始めたきっかけから、現在までの道のり"というテーマでコラムを連載させていただいております。

コラムの転載許可をいただきましたので、このブログでも過去の記事をご紹介させていただきます。
今回は第3回(2009年12月号分)です。

---------------- 以下、コラムです。------------------
<2009年12月号>


No.11.jpg

中学を卒業し、高校生になると、レースをやりたい気持ちが更に強くなってきました。といいますのも、本屋さんに通っていろんなレーシングドライバー の経歴を調べてみると、セナやシューマッハなど、早い人では4歳くらい、遅くとも12〜15歳くらいからレーシングカートでキャリアをスタートさせている ドライバーが多かったからです。


高校生になって地点で、すでに15歳なわけですから、できるだけ早く始めたいって思うようになりました。

No.12.jpgそんなある日、父親が熱心にTVでF1を観ている私に言いました。


「レースやってみるか?」


それで、私はとても嬉しくて、「うん!やりたい!!」と答えましたが、少し冗談気味に言ったつもりだった父親は、私の真剣な態度を感じ取り、「絶対 ダメよ!」と言いました。


私もいろいろ調べてみて、レースを始めるにはまずお金がたくさんかかること、その為、早く始める為には親の協力が必要なこと、走れる環境(サーキッ ト)が近くにあるなど、そういった条件が揃わないと難しいと感じていました。


宮崎にはサーキットも無いですし、自分の家庭環境を考えると、残念だけど今からレーシングカートを始めるのはちょっと無理だなと判断し、他に始める 道を探すことにしました。



「月刊情報 タウンみやざき」は、県内のアミューズメント情報から暮らしの情報まで幅広く提供するタウンマガジンです。
発行元:鉱脈社
〒 880-8551 宮崎県宮崎市田代町263
TEL : 0985-25-1758(代) FAX : 0985-25-7286


レースを始めたきっかけから、現在までの道のり 2

 昨年の10月から、私の地元宮崎県内で販売されている「月刊情報 タウンみやざき」で"レースを始めたきっかけから、現在までの道のり"というテーマでコラムを連載させていただいております。

コラムの転載許可をいただきましたので、このブログでも過去の記事をご紹介させていただきます。
今回は第2回(2009年11月号分)です。

----------------以下、コラムです。------------------
<2009年11月号>

No.7.jpg私がまず最 初に興味を持ったのは、F1ドライバーの運転操作です。

テレビで見る限りでは、ハンドルやギヤシフトの操作しか見えず、肝心の足元の操作が見えません。そこで、レーサーの運転操作について、雑誌やビデオ を買ってきていろいろ調べました。それで、学校の授業中などに足元の操作の真似をしてみたり、そこから徐々にレース参戦に向けてのイメージトレーニングが 開始されました(笑)


まだ中学生でしたが、両親にお願いして、自宅の庭で母の軽自動車を運転させてもらったりもしました。今考えると、とても寛大な両親でしたね。


No.8.jpgあとは、テ レビゲームですね。当時、『中嶋悟のF1ヒーロー』というゲームソフトがあり、友人達と勝負したりしていました。もちろん、当時のレースゲームですので、 今のゲームのようなリアルさはありませんでしたが、走り方を改良してタイムを短縮できた時の快感は、実際のレースに通じるものがありました。


誰でもそうだと思うのですが、自分の好きなことで負けるのはとても嫌いだったので、友人達との勝負で負けたことはありませんでした。

人間というの は、一つのことに集中すると、とんでもない力を発揮することがあります。

この時の集中力は、その後、レースの予選時にも遺憾なく発揮されました(笑)



「月刊情報 タウンみやざき」は、県内のアミューズメント情報から暮らしの情報まで幅広く提供するタウンマガジンです。
発行元:鉱脈社
〒 880-8551 宮崎県宮崎市田代町263
TEL : 0985-25-1758(代) FAX : 0985-25-7286



レースを始めたきっかけから、現在までの道のり1

昨年の10月から、私の地元宮崎県内で販売されている「月刊情報 タウンみやざき」で"レースを始めたきっかけから、現在までの道のり"というテーマでコラムを連載させていただいております。

コラムの転載許可をいただきましたので、このブログでも過去の記事をご紹介させていただきます。

----------------以下、コラムです。------------------
<2009年10月号>

今月から、私がレースを始めようと思ったきっかけ。その後、どうやってレースデビューを果たしたか。また、レースデビュー後の話から現在までの道 のりを振り返り、今後自分が目指していることをお話させていただきます。

No.2.jpg私が最初に レースに興味を持ったのは、中学2年の冬でした。当時、友人の一人がF1を観戦し始め、私も薦められてF1をTVで観たのが、レースに興味を持った最初の きっかけでした。

最初は、私も単にF1ファンでした。当時は、セナ、プロスト、マンセル、ベルガー、ピケ、といったドライバーが活躍していた時代でした。

どのドライバーも、個性溢れる走り、それぞれのやり方で最高峰のF1を戦っていて、私はベルガーのファンでした。何故、セナやプロストではなく、 ベルガーのファンだったのかと言いますと、今思えば、セナやプロストといった、天才と言われるドライバーに、秀才であるベルガーがどのくらい迫れるのかに 興味があったのだと思います。人は、努力でどのくらい高みに上れるのかに興味がありました。

No.4.jpg翌年の91 年のレースを一年間観戦して、ワールドチャンピオンになったのは、あの、故アイルトン・セナ。このドライバーが予選時に見せる驚異的な集中力、走りの躍動 感に何かを感じ取り、セナが見ている世界を少しでも自分で体感してみたいという想いが芽生えました。

それが、レースに挑戦してみようと思った最初のきっかけです。

高校受験を控えた、中学3年の冬でした。



「月刊情報 タウンみやざき」は、県内のアミューズメント情報から暮らしの情報まで幅広く提供するタウンマガジンです。
発行元:鉱脈社
〒880-8551 宮崎県宮崎市田代町263
TEL : 0985-25-1758(代) FAX : 0985-25-7286


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

 オフィシャルウェブサイト

TA-Creative
オンラインショップ

    無料メルマガ

エコドライブ研究所

Wicked Chili
(ウィケッドチリ)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 友人のマッキーが素敵な本を出してくれました!
    グウ
  • 友人のマッキーが素敵な本を出してくれました!
    るぷ
  • プチ検定(誰でもできる!エコドライブ講座)
    だんじき
  • プチ検定(誰でもできる!エコドライブ講座)
    女性バイク
  • レースを始めたきっかけから、現在までの道のり 8
    高木俊治
  • プチ検定(誰でもできる!エコドライブ講座)
    札幌 税理士
  • プチ検定(誰でもできる!エコドライブ講座)
    かんな
  • 日産S15シルビア長野⇔宮崎(約1000km)無給油走破達成!
    louis vuitton
  • レースを始めたきっかけから、現在までの道のり 8
    bird-land
  • 日産S15シルビア長野⇔宮崎(約1000km)無給油走破達成!
    true religion

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-
星の商人 -「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン- (JUGEMレビュー »)
犬飼 ターボ
子供から大人まで読める本です。
子供の頃、こんな本に出会えれば、本当に素晴らしい子に育つと思います。
是非、ご家族で読んで見てください!

recommend

3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”
3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密” (JUGEMレビュー »)
野口嘉則
オススメです!
是非、読んでみて下さい。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM